「片付かない!」の"ストレス"を「楽になった!」の"ゆとり"へ変える。

名古屋・西三河のお片付けリクリエイトシステムです。
豊富な知識と経験で、片付けの悩みを丁寧にサポート! 快適な暮らしへ導きます。

ブログ

最新のお知らせ


2018年2月22日 : これを引き寄せと言うのでしょうか!?ありがとうございます!
徒然日記です。

私、不思議なことに
欲しいな…と思うと
なぜか目の前に欲しいものが
昔から現れてしまう人なのです。



で、昨日、
生前整理作業に入る前に
体力の限界を感じまして


久しぶりに栄養ドリンクの
お世話になろうかなと
コンビニで迷い…


でも、気合いだーー!
作業を始めれば
身体もシャキッとするに違いない!!

と信じ、やめました(笑)



案の定、作業中に体はシャキッと!


作業後は明日の
スモールオフィス作業の段取りMTをし


毎度のこと17時を回るので
娘を保育園まで迎えに行き

娘を乗せたまま不用品を
業者さんに運び…バタバタと。



さ、す、が、に
疲れを感じ始めたところ…


いつもお世話になっている業者様に
こんなの頂いちゃいました(笑)






「成田さん、倒れないようにね!!!」


と(笑)


嬉しかったー!!
ありがとうございます!!!


顔に出てたんでしょうねーーー。






それにしても、笑えますよね。


これを引き寄せと言うのでしょうか??


さて、明日のオフィス作業
喜んで頂けるように

経営者様のゆとり創出のため
頑張りますよっ!!!



スタッフ3名、宜しくお願いします!!
2018年2月22日 : スマホの時代だからできる、簡単スピーディーな靴の見える化
こんにちは、成田です。

めったに使わない靴や草履を
箱収納するのは一般的ですが

いざ、履こう!と思った時
お目当ての靴を探し出すのは
けっこう面倒ではないでしょうか?


少し工夫して
半透明の靴箱を使用しても
なんとな~く
見えてはいるものの分かりにくい。

靴箱に靴の名前を
書いておくのも手ですが

例えば
黒いローファーが3つあれば
文字表現も難しくなります。


では、こちらはいかがでしょう?
直感的で分かりやすくはないですか??



既に、この方法を取り入れている人も
多いと思います。

とても分かりやすくなるので
ぜひ取り入れてみてください。

無色透明のケースに
買いかえる方法もありますが

コスト削減を考えるなら
今ある箱に写真ラべリングが一番安上がりです。


今は、スマホで簡単に写真が撮れる時代です。

スマホ内のアプリで編集するもよし
パソコンに写真を送り編集するもよし

とにかく、縮小してプリントアウト→貼る。

ただそれだけです。

ほんの少しの手間で一目瞭然。

煩わしさも無くなります。
ぜひ、やってみてくださいね。

リクリエイトでは、
ご希望があればこういった
痒いところに手が届くサービスも
心を込めて行います。

ぜひ、ご利用くださいね^^



2018年2月20日 : 着物の生前整理を通して粋な文化とセンスに触れる
こんにちは、成田です。

昨日は、生前整理のお着物のを減らす
お手伝いをしていました。




着物、皆様はどのようにお付き合いされていますか??

なかなか着る機会の無い着物。

でも、生前整理をしていると
必ず出てくるのがお着物と和装小物です。


世代が上がれば上がるほど
高価な着物が嫁入り道具として
必需品だったこともあり
手放し方に悩まれる人も多いと思います。


ただ、ここで覚えておいて欲しいのは
着物の価値買取りの価値は全く別物ということ。


職人さんが手をかけて創った着物でも
どんなに高値で購入した着物であっても
悲しいけれど
今は、期待できるお値段はつきません。
それだけ需要がないからです。


でも、、、、、

値がつかないから捨ててしまおう!
というのももったいないのです。


きちんと目利きできる人間が見れば
需要に合った正当な価格がつきます。



ただし、着物に関しては
身長160センチの人が着用できるサイズ。

これが絶対条件となります。


昨日査定をお願いされた女性は
数あるお着物の中から
価値のあるモノを目利きしてもらい

残すか手放すかを決めていく中で
手放すつもりでいた七五三の着物を
残すと決められました。


理由は、価格うんぬんではなく
手描きの良さと
2世代前にしか出せない
紫と朱色の色合いの美しさ

そして、絵柄のユニークさに
改めて惚れ惚れとしたからです。


お写真の許可を頂ければ良かったと
今さらながら悔やんでしまうほど
私も心躍る逸品でした。

彼女は
ひょっとして着るかもしれない孫のために

もし、着なかったとしても
ご自宅のディスプレイ用のお手玉の材料に
残すことを決心されました。


着物の絵柄をみていると
その当時の流行や着物を選ばれた人の
粋なセンスに触れることができ本当に面白ですね!!


単に、着物を処分をするのではなく
改めて親世代の粋な想いに触れる機会を得るのも
生前整理を通した着物の目利き時間の
良さではないでしょうか??



ちなみに、こちらは
母が私の娘と姪っ子にお正月用に新調した
遊び心溢れる着物です。



正直なところ
忙しくて着せる時間なんてないわー!

と、思わなくも無いのですが
孫に着せたい!という
母の想いを汲み取るのも親孝行の一つとし
できるだけ沢山着せようと思い
今年の雛祭りも和装が決定です。

子どもは簡単ですしね。

ちなみに、着物は3代着られるので
私が幼い頃に着ていた着物も
娘は喜んで着ています^^


大切にしたい文化のひとつですね。


2018年2月18日 : 中日新聞名古屋東版に掲載されました!?
成田です。

今朝の新聞(2018年2月18日(日))に
知らないうちに自分が掲載されていました(笑)


中日新聞名古屋東版です。
気づいた方はいらっしゃいますか??

知らない間に掲載されていた
というのが事実ですが嬉しいものですね。

掲載の内容は
豊明市商工会が主催する
異業種交流会での一コマです。


私は、以前からの片付けサービスと
現在力を入れている生前整理サービス
そして、経営者様のゆとりと利益を生むための
オフィスの整理サービスのご紹介を致しました。


片付けのお仕事と言うと、
処分業者さんと必ず間違えられますが
私たちのサービスは処分屋さんとは全く異なり

むしろ、処分業者さんとタッグを
組まなければ進まない仕事です。


特に生前整理は
戦前・戦時中・戦後の
モノを持つことに価値を見出している世代。

モノづくり大国日本を背負い
ここまで経済を盛り上げていただいた大先輩
私にとっては親の世代です。


とはいえ、
モノは劣化していきます。

そして、この世を去るときに
持っていけない現実があります。


そして、自分が他界した後
子どもや孫にとっては
多くのモノが負の遺産として
時間をもうばい重くのしかかります。


大切に思っていたモノでも
金銭的な価値がつかなかったり

子どもや孫にも価値が見出せなかったりと
なんとも言葉では表現しにくい
現実が広がる世界でもあります。


やがて、自分自身がその様な状況を迎えると
気づき
受け入れ
少しずつ生前整理(モノ)を
始めている方々の想いになんとか応えたいと
私たちも日々、がんばっています。


ちなみに私のこの仕事の原点は
難病だった父親のモノに対する生き様です。
事業の原点をご覧ください)


遺品を残さなかった父に
私たち残された家族は助けられました。


そんな想いからスタートしているこの仕事。


体力・気力・片付けに関する知識のほか
手放すことが難しいなら
手放すための意識改革のお手伝いも含め
私たちはサポートしています。


明日からもがんばります!!

笑顔で、ね!!
2018年2月13日 : スタッフ三輪の「立春に出来るようになりました」
こんにちは、スタッフ三輪です。

今日はバレンタインですが、娘は 学年末考査です。(毎年被る)
なので、友チョコは、来週月曜日に繰り越されてます。

さて、それよりひな人形 飾りましたか?

いかに 出す時 仕舞う時の ストレスを軽減できるか
我が家は去年から その仕組みを見直して
立春にすぐ飾りたくなるようにしました。

我が家(娘)の 雛人形。
どんなのがいい? どれぐらい(年齢)まで飾る?
自分でちゃんと飾れる?
えっ? 母親が飾るものなの?
お嫁に行くときに 持っていく?

初節句を迎える ゼロ歳の娘本人に 相談できません。

となると、その選択肢は 母親になってしまうんですね。


娘は 両家の「初孫」という 立場で
初節句のお祝い として 「雛人形を買いなさい代」を
頂いたので 「簡易的」なモノでは 失礼かなっとも思い
私の許容範囲の 木目込み人形に。

コンパクトなのに、15人 全員そろっています。
全部飾れば こんなタイプです。


飾ってないから 借り物写真(笑)


ガラスケース無し ですが 横1メートルぐらいのこの 箱一つ。

われもの注意のシールは 引っ越しするときに念のため、私が貼りました。


これを飾るのに、リビング地べた には置けないので 「台」が
必要です。 以前 住んでいたマンションで使っていた
リビングテーブルが合うので、それを毎回人形を出す前に
組み立てる…… のが 億劫になってしまって…
いつも2月後半ぎりぎりに 重い腰を上げていました。

去年から ここに…
南側リビングにあるデットスペースに。
本来三人官女が、下段ですが 「手前」の方が映えるので 我が家ではこの並びです(笑)


節分までの「普段は」こんな感じです。


この木箱に、必要なひな飾りだけを、納めておいたんです。
ちなみに、その上に乗ってる黒い箱は…


ガラスの鏡餅→ の箱を探すのに

持ち歩く手帳に 「箱サイズ」を、記帳していて
100円ショップに行く度、ジャストサイズを探していました。
これがビックリするほど シンデレラフィットで
節分まではこうなっていました。


箱から ひな人形を出して、空になった箱に鏡餅のBOXを IN!

赤布をかけて 人形を飾りました~



ほんと、この位置は 南側 で日当たりはいいけど

直射にはならない 位置! 

ひそかなお気に入り空間です。

(以前はオーディオとスピーカーがありました)



木目込み人形を じぃぃ~っと見つめた

2歳だった娘の一言



「あれれ? ○○ちゃんのひな人形は みんなネンネしてる (ノД`)・゜・。」



そうだね…
誰も目を開けてないね…(滝汗) 


そんな かわいかった時期はもう帰ってこない…


末永く ひな人形を 楽しく飾りたくなる仕組み 考えてみませんか?

外部リンク