「片付かない!」の"ストレス"を「楽になった!」の"ゆとり"へ変える。

名古屋・西三河の整理収納・片付けのリクリエイトシステムです。
女性スタッフによる豊富な知識と経験で、片付けの悩みやモノの多さのストレス・不安を丁寧にサポート! 快適な暮らしへ導きます。

ブログ

最新のお知らせ


2019年11月3日 : どこから始めたらよいか分からない方へ

成田です。

今日は久しぶりにブログを更新したいと思います。
まずは、よく頂くご質問

「家の中を何とかしたいのだけれど
どこから始めたら良いですか?」




というもの。
あなたならどこから始めますか??

通常、コンサルティングを行う場合は
ご依頼主の状況
「家の広さや物量・生活スタイル等」により
状況は違うためスタート箇所が違うのですが

自分でスタートさせる時の基本は
短時間でモノが減らせるような
小さなペースから始めてください。

例えば靴箱や引き出し一杯(ひとつ)
又は冷蔵庫
などがオススメです。


※許可を得ている写真です


間違ってもお部屋全体を
いっきに片づけようとはしないでくださいね。

恐らく、疲れきってしまいますし
途中で辞めてしまった場合

「やはり、私には無理なんだ・・・」と

落ち込む可能性もあります。


靴箱なら比較的小さなスペースですし
引き出しも全部ではなく
一杯(引き出し1つぶん)なら
長い時間はかかりません。

また、冷蔵庫の中のモノは
賞味期限がありますし
感情移入するようなモノは
あまりはいっていないので
モノの要・不要が判断しやすいです。


●小さなスペース
●要不要の判断がしやすさ


この2つの基準を満たす場所から
スタートすることで
達成感が得やすいため
次へ続くモチベーションがアップします!


継続は力成り。

お家の中がスッキリ変わっていくのは
本当にキモチが良いですよ^^


でも、自分ひとりで行うのは
なかなか難しいものです。

ハードルを低くしてスタートしてくださいね。


困ったらまずは気軽にお問合せくださいね





2019年8月30日 : 常に手放し続けること
こんにちは、成田です。
夏休みも終わりですね。


さて、6月7月8月と、怒涛の忙しさ。


整理収納作業
新居引越しによる環境整備
遺品整理
整理収納セミナー
終活系座談会

などなど。。。。。

特に6月7月は週末もまともに
休めていない状況になっていました。


ご連絡が遅くなっている皆様方には
大変ご迷惑をおかけしております。
 
 
さて、ここまで忙しくなってくると
家庭内での時間貧乏に苛まれるわけでして
家の中がどんどん荒れてくるわけです。


整理収納を生業としているのに
荒れるなど!!!と思われるかもしれませんが
やはり、根本的な時間不足は一番キツイですね(笑


とはいえ、足の踏み場が無くなるだとか
探しモノに追われるという事は一切なく

夫と協力しながら日々の生活を
なんとか回転させる事ができるのは


とにかく、私たちは
モノを溜め込まないように意識し
体と同じように不要になったら出すを心がけ

何処に何があるか明確に分かる
暮らしを回す仕組みが
出来上がっているからだと思います。


この仕組みや手放す意識が無いと
大変な未来が待っているのがわかるからです。


というのは、色々なお宅を伺い
様々なライフステージの節目に携わる中で

一番メンタル的に堪えるのは
やはり、遺品整理的な要素の強いお仕事の時だからです。


あなたの大切だと思って
溜め込んでいるモノは
本当に大切でしょうか?


元気なうちの整理収納が何故必要なのか

暮らしの環境が整っていくことで
自分自身も変わっていくこと

人生までも変化していくこと

体感していただきたいと思います。

そして、私も
常に手放しながら
変化し続けたいと思っています。



その中には時間の使い方も含まれます。

慢性的に忙しすぎる私は
大切にしていきたい物を見つめなおし

今までのやり方を
手放さなければいけない時が来たと
感じている今日この頃です(笑

そろそろ自分自身を
じっくりと見つめなおす時期のようです。



2019年8月22日 : ㈱みずほ不動産販売オープニングイベントにて リバウンドしない整理収納術 基本編
瑞穂区のみずほ㈱不動産販売様
ショールームオープニングイベントにて
リバウンドしない整理収納術をお伝えします!!

 


●整理収納に興味があるけれど実際に学んだことが無い
●家の中を片付けたい
●住まいとモノの関係を良好にしたい
●モノが多くて減らせない
●家を快適に保ちたい
●新築、リフォーム前の片付け方が知りたい
●子どもの片づけに悩んでいる
 
などなど 
第1回目は基本編として
モノの減らし方(付き合い方)を重点的に
現場の実体験を織り込みながらお伝えします。
  
セミナー終了後は
お茶の時間を設けながら片付けに関するご相談も承ります。
 
ぜひ、この機会に足をお運びください。
 
午前の部は満席。
午後の部、若干空きがあるそうです。
  
ご友人お誘いあわせのうえ、ご参加ください^^ 
※要予約です
  
【リバウンドしない整理収納術 基本編】
日時:8月25日(日)
第1部:10:00~12:00(満席)
第2部:13:00~15:00
 
場所:㈱みずほ不動産販売 ショールーム
名古屋市瑞穂区雁道1丁目8番地 4階


2019年7月9日 : 7月14日(日)アサヒハウジング 「育みトライアングル」です!
7月14日(日)
アサヒハウジングは
「育みトライアングル」です!

リクリエイトは整理収納の相談と
キッチン&クローゼット実演にて
わたくし、成田が常駐します。
 



子育てママやパパへの片付け相談をはじめ
どなたでも参加できます!!

◎モノを減らせない
◎適切な収納が分からない
◎暮らしを変えたい
◎リフォームが必要か分からない
◎とにかく自分を変えたい!

など、モノに係わる事なら何でもご相談ください。






子育て診断も前回に引き続き
とってもおススメです^_^

我が家は子育て診断の結果
息子はリビング学習向き
娘は早いうちから自室を持たせたほうが
伸びることが判明しました。


イベントへの参加費500円/一世帯(1日)


場所
日進市竹の山
アサヒハウジング
カフェレストラン ベル・スール

お問合せ
0120-417-698


2019年5月31日 : おうちデトックス講座ー基本編ー 意識改革と手放し方 岡崎
先日、岡崎市にて
おうちデトックス講座を開催いたしました。


おうちデトックス講座は
基本編と技術編の二部構成なのですが

第1回目は「意識改革と手放し方」に
重点を置いてお伝えしています。


ですが、私は
いわゆる整理収のお話にとどまる事はせず
「生前遺品整理」のお仕事もご依頼頂いているので


人間が一生を通して
どのようにモノと向き合っていけば
自分も子も孫もハッピーエンドになるのか!
といった視点で盛りだくさんの内容でお伝えしています。


終活色・啓蒙色が強いので
けっこう、、、皆さん真剣です。


特に、同世代(40~50代)ですと
色々と考え動き始める時期ですし、ね。


第2回目の技術編は
理想の暮らしを手に入れるため
現在の住宅環境を変化させる方法を
現実的かつ具体的にお伝えしていますので
また、全く違った楽しみ方ができます!!


セミナーご依頼やお問合せはこちらへお願い致します

以下、ご感想です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


大変勉強になりました。
具体的な年齢が出てきたり、
実例や実話もうかがえて
片付けないといけないと思いました。

メルカリはとても助かっているので
利用しながら物の指定席を決めていきたいです。
自分だけではなく家族がみんなで片付ける
入れない癖をつけていきたいです。

家の中は体と同じ
と言う言葉にショックを受けました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・


片付けたくてもできない自分の中の仕組みが理解できました。
いつも時間ができたらやる!と思っていながら全く片付かず。
手帳に書いて片付けの日を決めたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


実家の片付けを父が元気な5~6年前に
みんなでやったのを思い出しました。

入れるポイントが低かったので注意したいと思います。

自分の価値観やライフスタイルを見直す
良い機会になりましたありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


とても面白かったです。
片付けの本は色々と読みましたが
リアルなセミナーだとさらに頭に入ってきました。

片付けは自分と向き合う
現在の自分の価値を見直すツールなんだなぁと
改めて思いました。

年に1回の片付けのスケジュールを
決めて実践していきたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分と向き合うのは辛い時もあるけれど
まずそこにむくのが私には必要だと思いました。

子供がモデルルームくらいモノがない家に
住みたいと言っています。

スペースを作らないと幸せも
幸せな入るスペースもないですね。


※お子様のモデルルームのような
 理想の家に暮らしたいと言う願望に関しては
 どのように向き合えばよいのか補足させていただきました



・・・・・・・・・・・・・・・・・


書類がいつもむき出しに
積まれてしまい欲しいときに探せない状態です

きちんと場所を決めないのが原因ですね。
入れるものを考えて買いたいと思います。


※デトックス講座第二回で学ぶことですが
 収納用品の危険性に関して
 別途、個別フォローさせていただきます


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今だけでなく未来にも片付けは関わっていくのでで
きるだけ早くどうにかしなければと思いました。
実家が心配です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


死蔵品の山と暮らしているという実感が
ふつふつと湧いてきました。

同居で私が管理している以外のものも多く
勝手に捨てられるという思い込みがありますが
家の中を見直してみたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はありがとうございました。
1年前に片付けをしてスッキリしたのですが
最近また過ごしにくいなと思っていたところでの講座でした。

自分がどう生きていきたいかを考えながら
時間を決めて片付けをしていきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・





外部リンク