「片付かない!」の"ストレス"を「楽になった!」の"ゆとり"へ変える。

名古屋・西三河のお片付けリクリエイトシステムです。
豊富な知識と経験で、片付けの悩みを丁寧にサポート! 快適な暮らしへ導きます。

ブログ

最新のお知らせ


2018年10月20日 : スタッフ三輪の 「置き去りを無くすコンサル」
先週は 代表成田とツーショットでの、住宅のコンサルでした。
業者に向けて、とはいえ
家の中を、あちこち開けながら見せるという行為は
やはり誰でも「抵抗、戸惑い、恥ずかしさ」が ありますね。
もちろん、私だってそうです。

お客様の中には
「初めてこのサービスを利用する」 方だけでなく
「以前利用したので、またお願いしたいです」という方や
「以前別のところでサービスを利用したけど…しっくりこなくて…」

などなどいろんなタイプの お客様がいます。

代表の成田の セミナーのコンテンツに必ず出てるく
「家の中は身体と同じです」っという ワード。

私も忘れないように 伝えることを心がけています。

「歯が痛い」と デンタルクリニックに行って 治療しますね。
歯が治れば、美味しく食べ物が頂けて 解決するわけです。


そこが解決したら、あとのことは置き去りです。
その後、胃に移動してますよ。
その後は小腸へ、そして大腸へ そしてしっかり排泄できているか?
までは デンタルクリニックだけでは 解決しない問題です。

家の中も同じです。
「子供部屋が片付かなくて」っと言われれば
子供部屋のコンサルをして
おかたずけアドバイス、提案をします、作業します。
子供部屋がスッキリ綺麗に片付きました!

これでは、デンタルクリニックと同じです。
「置き去りの課題だらけ」です。

その「課題に取り組む」コンサルでなければならないです。



「お片付けクリニック」 では 解決しませんから。

代表成田の話を聞いていて 改めて、思いまいた。 
お片付けコンサル は 
意識改革コンサルでなくては、ならないなぁっと。

部屋の中を見渡す前に 自分の心と頭の中を見渡せる 
成田のコンサル術を 盗まなくてはっ(笑) 
2018年10月17日 : スタッフ三輪の「苦手なこと」
こんにちは、スタッフの三輪です。

朝晩、温度差を感じますね。
体調に気をつけはじめました。

昨日はやっと扇風機を片づけました。
納戸収納に便利な折りたたみ式の扇風機を使っています。



これを、箱に入れるのが苦手です。
扇風機だけでなく、ホットプレートもそうですね。

固定する発泡スチロールが…ややこしいです。


このように、なぜか箱より大きくなってしまったり…

そこで、去年「時短」できるようにしました。


今年は迷うことなく、あっという間に片付きました。

箱の通り 


スッとしまえる、パッと使えるように仕組化したのは私です。

苦手なことは、時短してささっと 終わらせてみませんか?

2018年10月14日 : 「未来を創る生前整理~片付けで私たちが出できること~」(講座)感想
10月13日に リクリエイトシステムの拠点、豊明市にある
星城高校にて 父母の会文化行事で お招きいただき 講演しました。




「未来を創る生前整理~片付けで私たちが出できること~」(講座)の
感想を一部紹介いたします。

 〇大変ためになるお話をありがとうございました。
  写真、資料がとてもわかりやすく、片付けスイッチが入りました。

 〇親が近くに住んでいるので、今日の話を是非したいと思いました。
  「モノ」だけでなく「家」も不要になるので、しっかり伝えたいです。

 〇生前整理とは「自分のこと」だと思ってましたが 
 「残される人のこと」なのですね。
  3つのステップと3つのポイントを実行していこと思いました。

 〇なかなか捨てられないモノが、家の中にたくさんあることに気づかされました。
  年末の大掃除だけでなく、モノと向き合う時間を作りたいと思います。

 〇手放す作業のやり方がわかったので、早速今日から実践してみます。

 〇「死後」と「生前」の意味がやっと理解できました、これからのことを
   考えられるきっかけになりました、ありがとうございます。

 〇今日の講演を参考に「捨てる」のではなく「選ぶ」努力をしようと思いました。
  環境が変わると思考が変わる が、とても心に響きました。

 〇デジタル遺品のことは、全く頭になかったです、パスワードやIDも
  残された人のためにも、きちんと整理しようと思います。
 
 〇どうして、愛知県が1位になったのでしょう!?
  大変興味深い話でした。
  チェックシートの三角を正三角形に出来るように取り組みたいと思いました。


子育て世代の父兄様にも 今からできる生前整理の知識と情報を
リクリエイトシステムのスタッフとして 現場を通して感じてきたことを
お話することで、このような感想を沢山いただきました。 

星城高校の校長先生を始め、父母の会会長さん、委員の皆さま、
ご参加くださった保護者の皆さま、
本当にありがとうございました!

2018年10月11日 : 【実例】 こども服のコントロール方法 
こんにちは、成田です!
寒くなったり暑くなったり
なんだか落ち着かない日々ですが
間違いなく衣替えシーズンに入っています。

皆様、衣替えは進んでいますか?

さて、今日は
子育て中のパパママのための
子供服とのお付き合い方法です。
 
あっという間にサイズアウトする子ども服。
子どもの成長は嬉しいですが親はなかなか大変です。
 
チェストの中には
サイズアウトした服が占領!!

気付いたら
新しい服を入れる隙間が無い!?
 
こんな事はありませんか?
 
対応策は色々とありますが
一つの事例をご紹介します。
 

 
この写真の木製チェストには
子供用の服が収納されています。

木製チェストの横に置かれている
茶色いBOXがどんな役割りをしているか
お分かりですか?

答えは、
茶色いBOX=サイズアウトした服入れです。

(ちなみに白いBOXは
 アイロンが必要な衣類の一時置き場です)



子ども服は、成長と共にどんどん増えます。

ですが、
サイズアウトした服が
日常使用の収納場所に居座ると

取り出しにくく、しまいにくい
片づかない、イライラする・・・

つまり

暮らしにくい環境

ができあがります。


さらに、一度暮らしにくくなると
片付けに必要な時間が増えるため
どんどん億劫さが増して片づけを先送り…

悪循環ループへの入り口まっしぐらです。


特に忙しいパパとママは知っておいてください。

この悪循環を
未然に防ぐ方法があるんです。


それは、常に子ども服の量を
コントロールする仕組みを創ること。


例えば、事例では
茶色いBOXにサイズアウトした服を
直ぐにポイ入れする仕組み。

「あっ、もうコレは着られない!」
「サイズアウトしたなぁ~」


と思ったら、茶色いBOXの中にポイッとするだけです。


こうする事で、チェスト(クローゼット)の中を
今、着られる第一軍服だけに絞る事ができます。


溢れる前に事前に
服の量をコントロールしてしまおう!
ということですね。


そして、この茶色いBOXがいっぱいになったら
弟や妹、ベビ待ち服の待機場所まで移動
又は誰かに譲るというルーティンを創ってしまいます。


その場合、
誰に譲るか手放し先を予め決めておくといいですね。

 自分も楽になる!
 受け取り側も助かる!


というお財布にも
暮らしにも優しい仕組みができあがります。


このサイズアウトBOX方法
(私が勝手に命名)は

小さなお子様のいるご家庭に
ご提案しておりますが
サイズアウト服の一時置き場は
BOXではなく紙袋などでも大丈夫です。


ただし、ルールとして
収納場所がいっぱいになったら
必ず誰かに譲ること。

間違ってもBOX(紙袋)の数を
増やさないようにしてください。



このルールさえ守れば
物量コントロールが継続できます。



ちなみにこちら
今秋、娘が譲り受けた服の一部です。





初めてミニーちゃんの服を着ました。

親が選ぶ服のセンスと
ひと味違ったオシャレを楽しめるのも
お下がりの魅力ですね。


娘は喜び、私は助かっています!

沢山譲ってくださったT様
ありがとうございます^^




2018年10月9日 : スタッフ三輪の 「冷蔵庫収納6」
こんにちは スタッフの三輪です。

3連休はいかがお過ごしでしたか?
外出してしまえば
そのままの流れで 夕食も外食を期待してしまう… っという
お母さんも多いでしょう。
食事の準備のお買い物はどうされてますか?

宅配でお野菜や、加工品を注文する家庭や
スーパーで買い物してくる家庭 
さまざまで、そのありかたで、冷蔵庫の使い方も
カスタマイズすれば 食材の無駄もなくなりますね。


スーパーに行くと 今夜のメニューではないけど…
「特売になってるから買っておこう!」っという
イレギュラーなお買い物も増えませんか?←私だけ?

そのような食材を ホイホイと冷蔵庫に入れていまうと
「把握」が出来なくなりますね。

そこで、マイルールです(これはあくまでも私のマイルール)

お肉や魚は「トレー」のまま冷蔵庫に入れない!
下処理をするなり、下味をつけて保存容器に移してから
冷蔵庫へ!

そうすると、「覚えていられます」 
特売で買ったものは、買ったことを忘れがち。
で、また同じモノを買ってしまうという失敗。
下処理や下味をつけておけば 
メニューも一品決まったようなものです。

他には プチトマトは
買ってきたら、そのまま野菜室に行きません。


実はヘタの周りは、雑菌が繁殖するそうです。
お弁当に入れる時も、ほんとはヘタはない方が衛生的だとか。
なので 買ってきたらすぐ
ヘタを取って、洗って容器に移して、冷蔵庫に入れております。

それから 箱バター。
箱から出しますが、包み紙のまま冷蔵庫に保存してます(酸化予防のため)

ホームベーカリーでパンを焼くことが多いので
大匙1(12グラムくらい)でよく使うので
買ってきたら、まず
↓見づらいかもですが 包みの上から 包丁のミネで

バターを横半分に印を。 (3センチ)
縦には8つになるように(1.5センチ) 印を。

包みをはがして 包丁で16個カットすると、一個が大匙1杯に。


これを、包み紙ごと 保存容器に。



使いやすさ、取り出しやすさを常に考えて 冷蔵庫に入れることで
自分の記憶にも、残りやすくなります。
食材の無駄も、なくなっていきますよ。


冷蔵庫収納1 → 
冷蔵庫収納2 →
冷蔵庫収納3 →
冷蔵庫収納4 →
冷蔵庫収納5 →

そんなキッチンのお手伝いを 只今キャンペーンで行っております。

キッチン 楽チン キャンペーン 開催中


外部リンク