「片付かない!」の"ストレス"を「楽になった!」の"ゆとり"へ変える。

名古屋・西三河の整理収納・片付けのリクリエイトシステムです。
女性スタッフによる豊富な知識と経験で、片付けの悩みやモノの多さのストレス・不安を丁寧にサポート! 快適な暮らしへ導きます。

ブログ

最新のお知らせ


2021年1月12日 : 2021年もよろしくお願いいたします
明けましておめでとうございます。



なんと、半年以上ぶりのブログ更新となりました。


年末年始から年明けの3連休が終わり
本日からフル稼働という方も多いのではないでしょうか。


私はクリスマスから娘の水疱瘡が始まり
年賀状も書けず、、、
テンヤワンヤの年末年始となりました。


さて、2020年は世界中
いえ、私たち地球に住む人類にとって
大きな衝撃となる年となりました。


それぞれの方々が抱える背景
そして、想いは様々かと思いますが

私自身も去年は
公私共々大きな変化を迎えた一年となり
皆様へのサポートの方法も大きく変わりつつあります。


特に、昨年の秋からは
オンラインでのサポートはもちろんのこと
軽度リフォームを含めたサポートが増え
自宅の動線を改めた収納の抜本的な見直しが
いかに重要かを思わせる年となりました。


というのも、やはり
コロナにより生活の基盤となる
ご自宅への関心が高まったから
この様に感じています。

いい流れですね。

今年は、世界、そして地球は
どのような流れになっていくでしょうか?


どちらにせよ私たち人間が
ストレスが溜まらぬ
ゆとりのある暮らしをする事が

地球環境にもストレスを掛けない
暮らしだと考えています。


なかなか、難しい問題ではありますが
人類として挑戦していきたい課題でもあります。


では、2021年もよろしくお願いいたします。


成田

2020年4月27日 : 応援!川辺の絵本サロン5
こんにちは。
応援!! 川辺の絵本サロンの続きです。

今までのおはなし

応援!! 川辺の絵本サロン1
応援!! 川辺の絵本サロン2
応援!! 川辺の絵本サロン3
応援!! 川辺の絵本サロン4



皆さんに質問です。

こんな時期に
暗い質問ですみません。
 
ですが、あえて問いますね。

自分がこの世を去るとき
家の中の物をどの様な状態にして
旅立ちたいでしょうか?


きっと、多かれ少なかれ



「大切な人に迷惑をかけたくない」
「できるだけ物は少なくしていたい」



と、思うのではないでしょうか?

また、残される側としては
残った物に対し


「処分しても良いものを教えてほしい。」
「受け継ぐ物は事前に教えてほしい。」


と、望むと思います。


とはいっても
なかなか、最低限の物量に減らし
最終的な物の行き先を
伝えきれる人は少ないとは思います。


実際、今まで関わったお客様から

高級品や思い出品、書類などを見ながら

「こんなに沢山残して,,,
結局使わない物ばかりなのに」


「私には必要ない物ばかり…。
どうしたらよいかも分からない…。
せめて、どうするか教えてくれれば良かったのに。」


などと呟きながら
片付けをされるご家族の姿を見て
いかに、残ったモノの処分判断が
大変なのか感じています。



さて、川辺のサロンの整理ですが
作業がスタートし
棚や押入れなどを明けるたびに
私の目にはこのラベルが飛び込んできました。





お分かりでしょうか?

写真はプライバシーもあるので
ほんの一部ですが

何が入っているか直ぐに分かるように
このような手書きのメモラベルが
家のいたる所に入れてあり






亡きお母様が
少しずつ身の回りの整理を
されていたのが分かるのです。

お会いしたことのない
お母様ですが

愛娘2人への深い愛情を感じ
心の中が温まる中で
作業を進めることができました。


中にはこの様な
お茶目なラベルも!



泥棒さんに
盗んでも二束三文ですよ!!

警告しているラベルなのですが

これを見て、皆で大爆笑。
お母様のお人柄を感じます。




遺品整理で困るのは
故人の意思が伝わらないこと
です。

 
・捨てて欲しいモノなのか
・大切に受け継いで欲しいモノなのか
・誰かに伝えて欲しいモノなのか

遺族は日常の中から時間をつくり
大量のモノと向き合いながら
「本当はどうして欲しいの?」
頭を悩ませるわけです。



もちろんベストな状態は
最低限の物量かつ
物の最後の行き先が明確な状態ですが


様々な場所から出てくる
手書きのメモラベルは

間違いなく娘達のために
行動されていた証
お母様の愛そのもの・・・。

お会いした事はないのですが
こんな温かな気持ちで
片づけ作業ができたのは初めてで

私自身、自分の父親と重ね
(父親は難病の中
整理を進めて旅立っていきましたので)
この仕事の原点に立ち返る思いと共に
多くのことを学ばせていただきました。



□▼□高蔵寺・川辺のレンタルスペース募集中!□▼□



川辺の絵本サロンでは2階のお部屋を使っていただける方を募集しています。目の前に庄内川が流れる静かな住宅街の角地で四季折々の風景を楽しみながらお仕事ができる環境です。エステサロン、整体、鍼灸院、英会話教室、学習塾、アトリエ、工房、動画配信スタジオ、フォトスタジオ、セミナー会場等に、月貸し、スポット貸し対応可能です。あなたの自由な発想でご相談ください。※コロナ自粛体制中ですがご興味ある方は気軽にお問合せください。

・約15畳の広いお部屋
・駐車場完備
・ネット環境完備(予定)
・天然木の家
・オール電化
・素晴らしい景観
・その他、川辺の絵本サロンならではのメリット




お問い合わせ先
川辺のサロン 寺岡
090-2612-4360






2020年4月24日 : 応援!川辺の絵本サロン4
こんにちは。
応援!! 川辺の絵本サロンの続きです。

応援!! 川辺の絵本サロン1
応援!! 川辺の絵本サロン2
応援!! 川辺の絵本サロン3


さて、こうして川辺のサロンの
片づけ作業が始まったのですが

私たちのサービスは
最初から片付けをスタートさせるという事は
ごく一部の例外を除いてありません。

まずは物を手放す考え方を学んで頂き
同時進行でお困りごとのヒアリングと
コンサルティングを行います。


というのは、片付けは
メンタル面とも密接な関係があるので

・なぜ、片付ける必要があるのか
・将来的にどんな自分になりたいのか
・片付けの最終目的が何なのか

こういった自分自身と向き合う事で
実際の片付け作業が
スムーズになる可能性が大きいからです。


無理に向き合う必要はありませんが
自分だけで進めようとすると
感情が邪魔をして
堂々巡りになりがちなんですよね。


そこに簡単なご質問をすることで
本当に自分自身が得たい未来の糸口が見えてきます。

また、このコンサルティングが
私とご依頼主様の想いの共有になり
新しい環境を創るテーマの設定ができます。

ちなみに川辺のサロンはこちら


「~お母様と姉妹の想いを未来へ~
新たな命が吹き込まれた人と人が集う場所。」


そして目標は

「残したい思い出、伝えたい想いを選び
大切な人を巻き込みながら叶えたい未来を共に描く。」


こうする事で
なぜ、辛い作業をしなければいけないのか
より、明確になるからです。


単なる片づけではないこと
伝わるでしょうか??


私自身、このように
半年前のことをブログを綴りながら
今現在、応援できるパートナーになっているのか
自問自答しているところです。

コロナで大変な時期ではありますが
改めて頑張りたいと思います。

(みんな、がんばろうね!!)

さてさて、こんなカタチで
作業はスタートしていきます。

とはいっても
実際片づけが始まると
どこのお宅も
予想以上の物量に圧倒される状況が続きます。


川辺のサロンも同じでした。

押入れを空けて…
それほどでも無い量に思えていても



全て外に出して作業を始めてみると
「こんなにもあったの!?」という物量です。

このように
バケツリレー式に出していったり…。



特に、川辺のサロンは
単なる片づけではなく
お母様の遺品整理でもあるので

沢山の想い出と向き合う作業の連続になります。



そんな中、私も見習いたいと思った
亡きお母様からの最高のプレゼントがこちらです。






これら、何か分かりますか??

次回へつづく



□▼□高蔵寺・川辺のレンタルスペース募集中!□▼□



川辺の絵本サロンでは2階のお部屋を使っていただける方を募集しています。目の前に庄内川が流れる静かな住宅街の角地で四季折々の風景を楽しみながらお仕事ができる環境です。エステサロン、整体、鍼灸院、英会話教室、学習塾、アトリエ、工房、動画配信スタジオ、フォトスタジオ、セミナー会場等に、月貸し、スポット貸し対応可能です。あなたの自由な発想でご相談ください。※コロナ自粛体制中ですがご興味ある方は気軽にお問合せください。

・約15畳の広いお部屋
・駐車場完備
・ネット環境完備(予定)
・天然木の家
・オール電化
・素晴らしい景観
・その他、川辺の絵本サロンならではのメリット




お問い合わせ先
川辺のサロン 寺岡
090-2612-4360




2020年4月6日 : 応援!川辺の絵本サロン3
 
こんにちは。
整理収納で未来を創造する
リクリエイトの成田です。

高蔵寺にある川辺の絵本サロンの
生い立ち内容です。
 
応援!! 川辺の絵本サロン1
応援!! 川辺の絵本サロン2
 

さて、ご姉妹から相談さた
実家の整理ですが
彼女達と同じように

「どこから手をつければよいか分からない」
「既に、自分達の手に負える状況(物量)ではない」

という理由を抱える方は多いです。


人は生きていくうえで
物は必須ですが
小まめに手放す習慣がある人なら
物量もそれほど多くはありません。


ですが、例えば
所有が社会的ステイタスだった
私の親世代(現在の70代以上)は


まだまだ物を資産だと思い
手放す行動へ繋がらない人も多いと思います。


最近の終活ブームで
だいぶ手放す意識を持つようになっていますが

そうは言っても高額なものや
想い出の物を手放すのは簡単ではありません。



さて、そんな世間の流れもある中
寺岡様のご実家を
絵本サロンに創り変えるサポートが始まりました。



いわゆる遺品整理をしていて
ご遺族がお困りになる事が
色々とあるのですが何か想像できますか?


今までの経験上
思いつくものをザッと上げてみました。


例えば、、、


・圧倒的な物量
・写真や故人が書いた想い出の物
・骨董品か分からない骨董品まがいの物
・切手などのコレクション品
・高価な着物や宝飾品
・処分に困る家具や危険物
・いつか使うために溜め込んだ日用品
・重要な物がまぎれている可能性のある書類の山
・想いを綴った日記など
・契約書関係
・個人情報の入ったPCやスマホなどIT系
・故人の思いのこもったハンドメイド品
・捨て方が分からない物



今、ザッと思いつくだけでこれだけあります。

いかがでしょう??


箇条書きにすると、ピンと来ないかもしれませんが

現実に残された物と向き合うとなると
独りで解決するには感情が絡み、頭の中が混乱。

なかなか進んでいかない…。
 
また、誰に相談したら良いか分からない
という同じ想いを経験された方も
いらっしゃると思います。


また、現在のご自身の持ち物や
実家の状態に置き換えると
さらに現実味が増してくるのではないかと思います。


川辺の絵本サロンも
例外ではなく
上記のような問題と
直面しながら作業を進めていったのですが


大変ながらも
それはそれは驚きと愛に満ち溢れた
今までにない作業の連続でした!

故人のお母様からは
私自身も作業を通して教えて頂いた事があり

ぜひ、このブログを通して
皆様にお伝えしたいと思っています。
 
 
次回へ続きます。




□▼□高蔵寺・川辺のレンタルスペース募集中!□▼□



川辺の絵本サロンでは2階のお部屋を使っていただける方を募集しています。目の前に庄内川が流れる静かな住宅街の角地で四季折々の風景を楽しみながらお仕事ができる環境です。エステサロン、整体、鍼灸院、英会話教室、学習塾、アトリエ、工房、動画配信スタジオ、フォトスタジオ、セミナー会場等に、月貸し、スポット貸し対応可能です。あなたの自由な発想でご相談ください。※コロナ自粛体制中ですがご興味ある方は気軽にお問合せください。

・約15畳の広いお部屋
・駐車場完備
・ネット環境完備(予定)
・天然木の家
・オール電化
・素晴らしい景観
・その他、川辺の絵本サロンならではのメリット




お問い合わせ先
川辺のサロン 寺岡
090-2612-4360




2020年3月28日 : 応援!! 川辺の絵本サロン2
皆様こんにちは!
整理収納で未来を創造する
リクリエイトの成田です。

以前ご紹介した川辺の絵本サロン。

先日、素晴らしい職人さんの手により
ステキな書棚が取り付けられました~!!



これから片付けから工事の様子まで
オーナーの寺岡様のご実家が
絵本サロン(兼レンタルオフィス)になるまでの経緯を
順次追っていきたいと思います。
 
どうぞ付き合いくださいね。


前回のお話はこちら。

川辺の絵本サロン①


さてさて、サロンオーナーのご姉妹に
片付け&環境創りのご依頼を頂き
初めて川辺のご実家に伺ったのは2019年の8月。
 
とても仲の良いご姉妹に
お家の中を全て見させていただきました。


お家は、天然木がふんだんに使われ
しかも、南側の窓からは
キラキラと光る川の水面が見える
素晴らしい景観でした。


でも、、、、そもそも、なぜ
片づけ&環境再創作のご依頼を頂いたのか。


片づけは大変ではありますが
ご姉妹で力をあわせて
片付けることも可能ですから。。。



ご依頼頂いた理由を伺うと
それには、今まで私が係わってきたご依頼主様と
同じお困りごとを抱えている姿がありました。


それは

「どこから手を付けたら良いのか分からない」
「想い出のモノが多すぎて、作業が全く進まない」
「重要な物が何なのか分からない
=何を捨ててよいのか分からない」


といった理由です。


ただ、今までのご依頼と少し違っていたのは



「お母様が大切にしていたこの実家を
人と人が集う絵本館として
新たな息吹を吹き込ませたいんです!!」


といった、熱い想いをお持ちのところ!!


ただ、、、、
想いはあるものの
片づけが進まないばかりか
間取りをどの様に使っていけばよいのか
皆目検討もつかないため
何も進まない状態だったそうです。


そんな折
彼女の知人でもある
相続コーディネーター
上田美樹子さんに相談したところ

この仕事なら
暮らし再創作のリクリエイトさんへ!
私の紹介してくださったようです。


ご縁ですね。
上田さん、ありがとうございます。


⇒応援!川辺の絵本サロン3へ続く



□▼□高蔵寺・川辺のレンタルスペース募集中!□▼□

現在、川辺の絵本サロンでは
2階のお部屋をメインで使っていただける方を募集しています。


・約15畳の広いお部屋
・駐車場完備
・ネット環境完備(予定)
・天然木の家
・オール電化
・素晴らしい景観
・その他、川辺の絵本サロンならではのメリット


エステサロン、整体、鍼灸院、
英会話教室、学習塾、アトリエ、工房
各種セミナーなどにご利用いただけます。

内覧ご希望の方は
気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ先
川辺のサロン 寺岡
090-2612-4360






外部リンク